女子大生とセフレになれた体験談とは?

PCMAXで福島市内在住の女子大生がセフレを作れた体験談

 現役女子大生の私には、セフレがいます。

 

彼氏もいるのですが、セフレとのセックスに夢中です。

 

出会い系のPCMAXで知り合った福島市内在住のセフレとは、週1ペースで関係を営んでいます。

 

私の彼氏は、結構な草食系で殆んどかまってくれない。

 

これがセフレを作ってしまった原因だったのです。

 

でも今では、セフレを作って良かったと思っています。

 

その理由は、いろいろなセックスをセフレが楽しませてくれるからです。

 

性的な覚醒を見た!そんな出会いになってくれているんです。

 

 私のセフレですが、年齢は30歳。

 

独身の一部上場企業に勤める、独身の人。

 

凄く精力があって、旺盛で、いっぱい私を快楽に導いてくれる魅力的な男の人なんです。

 

今の彼氏は草食系。

 

それまでの彼氏も自分勝手なセックスばかり。

 

でもこのセフレは全然違う感じがします。

 

私本位のセックスをしてくれる、そんな人なんです。

 

初めてセックスでアクメを感じたのも、このセフレのおかげと言えるでしょう。

 

 Eさんには、アナルも開発してもらっています。

 

以前から多少興味はあったけれど、一度も経験がなかった部分。

 

「ローションを塗って、指を挿れて見ようか?」

 

「はい…」

 

素直に返事をしてしまったんです。

 

ヌルヌルしたジェル状のローションをお尻の穴に塗られまくり、Eさんの太い指が私の中に入り込んできた時、感じたことがない刺激が走り抜けてきたんです。

 

「指が一本入ってるよ、どんな感じ?」

 

「気持ちいいかもしれない」

 

素直な気持ちを彼に伝えました

 

「なら、アナルでも感じるかもしれないね」

 

それからは、たっぷりとアナルをいじられまくって行きました。

 

初回のアナル責めは、指が2本まで入りました。

 

 その後も、セフレと会うたびに、アナルの刺激は続けられていきます。

 

3指が本まで、しっかりと入り痛みも元日に快楽を覚えるようになった頃「挿入してみようか?」って、提案をされました。

 

しっかりアナルで感じるようになっていた私は「はい」と、素直に返事をしました。

 

彼のビンビンのオチンチンが私のお尻の中に入りました。

 

指とは違った太さ。

 

暖かくてコチコチの肉棒が、アナルの中で動き続けるんです。

 

それも気持ちが良い。

 

抜かれる瞬間、排泄時に感じるあの感覚を覚えてしまいます。

 

こうしてアナルセックスを楽しむようになっていくと、開発されていくものです。

 

いつしかオマンコだけではなく、アナルでもアクメを感じられるようになっていました。

 

 彼氏で得られない快楽を、セフレから得られるのは最高です。

 

これからも肉体をたくさん開発してくれるって言ってくれているし、関係を続けるつもりです。

 

(20歳・女子大生・陽菜)

ブサイクな管理人だってサイトのお世話になっているおかげでヤレている!!

アフィリエイト

page top