ハメたいときにこそ出会い系サイトで割り切りして出会う

35歳のGカップの美魔女とJメールでヤリパコできた体験談

(39歳・配達員・昭仁)
 面白い事がなかったから、何気なく使った出会い系サイトで、とんでもないハッピーな結果を生んでしまいました。
Jメールで知り合った相手は、35歳のGカップの美魔女です。
江里菜はマスク良し、肉体良し、性欲強しの魅力たっぷりのセフレになってくれました。

 

 最近は面白いことも全くない。
妻との関係だってうまくいっていない。
仕事でも面白いことはひとつもない。
こんな人生からおさらばしたいって気持ちだったんです。
ちょっとしたきっかけがあれば、楽しめる。
そこで、Jメールを利用してみました。
暇していそうな異性たちに声をかけ続けた結果、35歳の江里菜とやりとりをすることになりました。
人妻だし、30代だし、あまり期待した気持ちはありませんでした。

 

 メール交換が、弾んだおかげで通話することにも。

 

LINEで話した雰囲気が、とても良くてビックリ。

 

上品さもある。

 

色気もある。

 

いったいどんな顔なのか?興味が出てきてしまったのです。

 

テレビ電話をしてもらうことになり、驚きを隠しきれませんでした。

 

めっちゃキレイなマスク。

 

しかも年齢より全然若い雰囲気。

 

「ちょっと、全身見せてくれる?」

 

「いいよ」

 

そこに現れたのは、大きなオッパイのナイスバディな美魔女。

 

Gカップのダイナマイトオッパイでした。

 

瞬間、自分にも春がやってくるに違いないという予感を感じました。

 

 スムーズな交流の末、待ち合わせ。

 

2人とも尾道市で生活をしていましたから、東尾道駅まで迎えに行ってやりました。

 

目の前で見ても、ハンパじゃない美魔女。

 

しかもフェロモンもたっぷり。

 

今から2人してラブホテルに行くなんて、信じられないシチュエーションでした。

 

 相手が巨乳となれば、それを楽しまないわけにはいかない。

 

服の上から触りまくって行く。

 

服の上からでも、その柔らかな感触が危険な興奮を呼び覚ます感じでした。

 

オッパイをやたら触って行くと、表情が変化を始めるところがまたエロチック。

 

とりあえずスカートをまくり上げてみたのですが、スケスケショーツ。

 

根っからエロい女だなと感じてしまったのでした。

 

まずは着衣のまま、フェラをやってもらうことに。

 

このこってりフェラて、すっかり気分良くされちゃって、腰が砕けそうになってしまうほど。

 

今度は江里菜の服を脱がしました。

 

裸にすればそのエロチズム溢れる肉体が目に飛び込んでくるのです。

 

熟女とは思えない魅力的な肉体。

 

もちろん熟女だから、敏感に反応を起こしてくれる。

 

ちょっとした愛撫で激しく嗚咽します。

 

マン汁の量も中途半端なものじゃない。

 

妻では味わうことができない、破壊的な興奮を噛み締めていきました。

 

挿入すればオッパイは激しく揺れるし、猛烈な喘ぎ声は耳の中に残りまくっちゃうし大変でした。

 

もうすぐアラフォーなのに、2回戦も頑張りました。

 

 江里菜というセフレを作って、今幸せの絶頂を感じている状態です。

 

月に何度も待ち合わせをしています。

 

仕事で嫌な事があっても、気にすることがなくなっています。

ブサイクな管理人だってサイトのお世話になっているおかげでヤレている!!

アフィリエイト

page top