ギリギリトークでサクラの被害に遭わず女子大生とやれた体験談

ギリギリトークでサクラの被害に遭わず女子大生とやれた体験談

(23歳・会社員・大知)

 

 ギリギリトークで知り合った女の子は、22歳の女子大生。

 

失恋したばかりの女の子でした。

 

かなり心が傷ついてしまっていたためか、癒やして欲しいという気持ちがあったようです。

 

だからか、LINE通話もあっという間。

 

「友達とか、慰めてくれるけど、なかなか立ち直れなくて」

 

「辛いときは、仕方がないことじゃないかな?」

 

「うん」

 

「話していたりすると、気が紛れるでしょ」

 

「うん、知らない男の人と話してても、何となく救われる気分」

 

こんなやりとりを随分繰り返しました。
寂しいなら、食事にでも行こうよなんて誘ったら、ランチに付き合ってくれることに。

 

 金沢駅前でアポが決まりました。

 

日頃接点を持たない女子大生と、食事の約束ってやっぱりテンションが違いますね。

 

見た目も可愛らしい。

 

驚いたのが、結構な巨乳。

 

Fは確実って感じで、度肝を抜かれてしまいました。

 

街ゆく人たちも、ちらちら彼女の胸元を見ていました。

 

ランチの時間も、バッチリ会話が楽しめました。

 

「なんか、ちょっと心が軽くなったかもしれない」

 

「そうか良かった!」

 

その日はランチの約束のみでしたから、解散しようと思ったのですが、彼女から手を握ってきました。

 

「いいの?」

 

小さくうなずきました。

 

 すぐそばにあったラブホテルに入ることに。

 

この展開は予想していなかったから、猛烈に感激してしまいました。

 

服脱がせたら、どでかいオッパイが登場。

 

その柔らかさとか温かさに、チンコがビンビン。

 

思わずパイズリを楽しんでしまう。

 

女子大生が積極的にフェラをしてくれる。

 

幸せを感じながら、身を任せてしまいました。

 

綺麗なオマンコで、長時間のクンニで感じさせた後、肉棒を突っ込んでしまいました。

 

子犬のような喘ぎ声で、感じ続けている姿がとてもエロチックでした。

 

たっぷりと動かした後射精。

 

休憩挟んで2発目まで。

 

2回戦めは、アナルに挿入までさせてくれました。

 

完全に心が癒えるまで、セフレとしてお付き合いすることが決まってしまったのです。

 

女性が読むエロマンガ雑誌に広告出稿中!!
セフコレは無料で使える!!

ブサイクな管理人だってサイトのお世話になっているおかげでヤレている!!

アフィリエイト

page top