モコムは出会い目的だと出会えないからPCMAXでHしてきた体験談

(広島市住み・25歳・ユーザーサポート・敏充)

 

俺がモコムを辞めた理由です。
実はモコムを使いはじめた最初の頃は、エロい女の子とスマホを通じてエロいおしゃべりができればいいかもと思っていたので使っていたんですよ。
たしかにかわいい女の子ばかりいたので、何度もオナニーを楽しむために使っていました。

 

だけど次第に会ってみたくなり、何度か誘いを掛けてみても全滅。
元々出会い系サイトではないので、仕方ないですけどね。
グダグダ文句をいっても暖簾に腕押しですからね、モコムは諦めて出会い系サイトを使うようになったのです。

 

出来る限りすぐに会いたかったので、俺と同じように出会い目的で地元のエッチしたくなっている女性を探すため、出会い系で評判の高いPCMAXを使っています。

 

人気があり、安全性も高いアプリです。

 

PCMAXを利用することで、高い確率でエッチ出来る女の子と知り合えます。
先日は、セレブ女性との甘いひとときを経験できました。
さすがセレブは退屈だと、平気でこういうことしちゃうんだなって感じです。

 

 メール交換になったのが、36歳の社長夫人。
旦那さんが、かなり年齢が上で性的な関係をすでに持たなくなっていると言っていました。

 

「欲求不満にならないですか?」
「女だってなりますよ!」
「そういう時は1人で?それともセフレ?」
「ふふっ、いろいろかな?」
こう言ったエロい話ができていましたから、待ち合わせを決められた時は期待が膨らんでいました。

 

 さすがセレブ女性。
かなりキラキラ輝く、別次元の存在に感じました。
顔立ちといえば綺麗系。
年齢よりも、ずっと若く見えました。
しかも熟女のフェロモンが漂っていて、性的欲望を刺激されまくってしまった感じです。
カフェで話をし、その後、無事にラブホテルに連れ込めてしまったのです。

 

 セレブ女性だから、雰囲気が違っているため、ドキドキ感が強いものでした。
甘いDキスも大丈夫な人。
大きな胸の膨らみを触っていく。
彼女の、トロンとした瞳が、とてもエロチックな輝きを放っていました。
スカートをまくり上げると、黒のシースルーショーツ。
オマンコの部分に手を当てると、マン汁で湿っていました。
軽く愛撫をして、裸にしてからバスルームへ送り出してやりました。

 

 さすがです。
熟女って感じまくるんです。
軽い愛撫だけで、大きな反応でした。
「アナルは経験したことある?」
「ずっと前の彼氏と・・・」
「感じるの?」
「うん・・されると感じる」
ローションを取り出し、塗ってから指を突っ込んでやりました。
「はぁっ、ああっ、いいっ・・あんっ、ああっ」
かなりよい感度に、チンコをアナルに挿入してしまっていました。

 

 たっぷりとアナルセックス。
そして、オマンコにはゴム無しでの挿入でした。
不満なセレブさん、マジ感じつづけてくれるものでしたから、自分の興奮も今までに感じたことがないものでした。